心の病によく効く薬

看護師

神経伝達物質が原因で

うつ病などの心の病気を治療するためには、抗うつ剤と呼ばれる治療薬が用いられます。抗うつ剤にはいくつかの種類がありますが、症状に合わせて適切に使用していけば高い効果を期待することができます。うつ病はドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質と呼ばれる物質の分泌が何らかの原因で減少してしまうことによって発症すると考えられています。たとえばドーパミンが減少すると、様々なことに対して興味を失ったり、楽しい感情が失われたりします。またセロトニンが減少すると不安になったり、精神的に落ち込みやすくなったり、ノルアドレナリンが減少すると意欲や気力が低下してしまいます。抗うつ剤を服用することによって、これらの神経伝達物質の分泌を整え、症状が改善する効果が期待できるようになります。病院では医師が症状に合わせて薬の量を調整したり、種類を変えてみたりしながら、最も効果的な方法を探っていきます。なお、抗うつ剤には飲み初めから服用中、減薬中において副作用が認められるので医師の指示に従って服用していくことが大切です。うつ病の治療薬には、開発された時期や作用の違いによって、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSAなどの種類に分けることができます。現在主流とされているのは、比較的新しく開発され副作用が少ないSSRI、SNRI、NaSSAなどですが、古い三環系抗うつ薬の方が効果がある場合もあるので、医師は症状を観察しながら最適な薬を選んでいきます。たとえばSSRIというのは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と言い、セロトニンだけが増えるように開発されています。第一選択薬として選ばれることが多いですが、ドーパミンやノルアドレナリンが減少については効果がありません。SNRIはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬と言い、SSRIとは異なりセロトニンだけでなくノルアドレナリンの減少に対しても高い効果を発揮します。そのため気力や意欲が低下しているときにも高い効果を発揮します。このように抗うつ剤の種類によってうつ病に対する効果が異なるので、どのような症状があるのかに合わせながら薬を選択していくことが大切です。