不調にもいろいろある

病院

どんな症状でも薬が大事

ストレスのせいでうつ病を患ったら、多くの人は病院へ行くことでしょう。そこで処方してもらう薬、確かにうつ病治療の効果がありますが、それは正しく飲んでいることが前提になります。基本的に薬は決まった量を飲むだけですが、やってはいけないことというのも少なからずあります。薬にはいろいろな種類があります。治す病気によって含まれる成分もまったく違います。例えばうつ病の薬と風邪薬とを一緒にして「効果倍増」とはなるでしょうか。まずなりません。複数の種類の薬をまとめて飲むのは厳禁です。別で飲んでいる薬があるなら医者に相談しましょう。治療法を変えてくれるかもしれません。診断の時には飲んでいなくても、数日前まで飲んでいたという場合も相談した方がいいです。薬の成分は体に残りやすく、悪影響が出ないとは言い切れないためです。雑多な薬を一緒に飲んで問題が起きても原因はすでに腹の中、取りだすことは不可能です。苦しいのにどうにもできない、これが怖くない人なんていません。違う種類の薬の同時服用は絶対にやめましょう。うつ病の症状の出方は、ある程度の種類分けができます。一般的に知られる症状では、やる気が湧かず無気力になります。見るからに元気がなさそうに見えるのが代表的です。常にイラついている、感情任せに怒鳴るということも、うつ病の症状の一種です。感情的になりやすくなることがうつ病の特徴です。これとは真逆で、やたらと元気にはしゃぎまわるというのもあります。どう見ても快活なのに、病院に行ったらうつ病と診断されることがあるわけです。この種類は躁うつ病と言われます。すごく気落ちした状態とすごく元気な状態が、交互に繰り返される症状です。これは脳の神経伝達物質の働きに歯止めが効かなくなることで起こります。感情を抑圧する物質の働きが過剰な時は無気力、逆に働きが乏しくなると元気になります。注意したいのが、この症状の場合は元気になったからと言って、完治したとはならないことです。勝手に薬の服用などを止めてはいけません。元気な時は健全な状態と非常に区別しにくいため、必ず治ったかは医者に判断してもらうようにしましょう。